先輩にインタビュー

お客様とともに喜びを分かち合い、絆を作ってきました。 H・T 商品企画開発室 室長 部長 2001年入社 経験者採用

トラブルを恐れず、
お客様と踏み込んだ関係を構築

アプリケーション開発の部長として大手生損保会社を中心にお客様の声をしっかりと汲み取りながら、お客様とともに仕事を行ってきました。
そして現在は開発商品企画開発室の室長として、これまでお客様と共にIT価値の向上に努め、成長してきた社員のイノベーションを起こすことで、新たなITサービス&ソリューションを提供できる企業へと変革することを目標に取り組んでいます。
技術革新が進み、ビジネス課題や顧客ニーズが多様化、また社会環境が変化する中で、これまで培った各個人のスキルを組み合わせる事で組織のイノベーションを起こして行きたいと考えています。
今の時代、またこれからの時代に対応するには自由なアイデアを自由に発言できるマインドを育てる事で、その先に新たな発想が生まれ、それを形にすることで商品が生まれてくると信じます。

組織として何かを達成する喜びを若い人に伝えたい

私たちの仕事は一人でコツコツやる作業もありますが、一人で行うことは規模にしても、品質においても限界があります。それなりのアプリケーションを作るには組織で分担をしないと達成できません。私たちがアプリケーションの開発や導入を行う際には、実際にそれをお使いになるお客様を含めたプロジェクトチームを組み、組織として目標を達成していく必要があります。
そして、プロジェクトを進める上でとても重要なのが、人と人とのコミュニケーションです。大きなプロジェクトになればなるほど、作業者が多くなる分コミュニケーションが必要ですし、プロジェクトを引っ張るメンバーが互いに信頼し合っていないとゴールまでたどり着けません。さらに、お客様企業もクエストも、ともにプロジェクトを通じて次のリーダーの育成を行っています。
こうした組織的な活動の前提となっているのが、クエストの社員が過去に築いてきた人間関係であり、信頼です。お客様との信頼関係があるからこそ、プロジェクトを終えた時の達成感が大きなものになります。そして、培ってきた信頼関係を若い社員にも受け継ぐことができる、これが組織として何かを達成する喜びです。私は若い社員たちにこれを伝えていきたいと思っています。