エンターテインメント業界について 株式会社クエスト

 

20年以上のデジタルメディアの進化に追随した、システム開発・保守・運用の提供

世界的にみると、2017年にストリーミング、ダウンロードなどの音楽配信売上が音楽ソフトのパッケージ売上を上回りました。日本ではまだパッケージ売上が全体の72%で音楽配信売上の21%を上回っている状況です。ただ日本市場でもスマートフォンの帯域拡張や携帯キャリアの定額サービス、「サブスクリプション」と呼ばれる定額制聴き放題サービスは急速にシェアを伸ばしており、音楽配信売上が伸びています。日本における映像分野における売上高は有料動画配信サービスが29%、購入39%、レンタル32%となっています。映像の内容としてはアニメーション分野が急伸していて、ネット利用のみならず、ソフトウェア販売やグッズ販売においても売上高を伸ばしています。

また、イベントビジネスや、アーティストのプロモーションからソフト販売、イベント企画実行までをサービス化したビジネスを確立し、過去のメディア製作会社が今や総合エンターテインメント会社に変貌しているケースもあります。

図はメディア販売会社関連の業務機能図です。実際の音楽ソフトパッケージのショップ販売、ECサイトからの購入、音楽配信サービスなど販売チャネルが多岐にわたっています。

他社との差別化を図るため、ポイント制やマイページを導入し、特典と利便性を追求しています。メディア配信会社の魅力を根本的にアップさせるために、コンテンツIPの強化、つまりIPの質と量の強化にも努めています。アーティストの発掘や育成などはその一環です。音楽や映像がデジタル化され、ネットワークが更に高速化されると、新しいサービスや新しいプロダクトが次々と生まれる可能性があります。

アプローチ

デジタル化の進展に伴い、サービスをクラウド化

クエストのお客様である総合エンターテインメント企業様とのお付き合いは、20年以上の長期にわたり続いています。その中でコンテンツのデジタル化が進み、販売チャネルが多様化し、お客様のIT基盤も変化に合わせ形を変えました。クエストはお客様と一緒にその変化のスピードに追随してきました。

また、クエストのサービス形態も、お客様のニーズに合わせ、常駐サービスからシステムやIT基盤のクラウドアウトソーシングサービスへと変化させてきました。将来の変化に対してもクエストは柔軟に対応できるスキルと体制を持ってご支援していきます。

関連導入事例

サービス | 設計・構築 IT基盤
サーバ群を耐震性・セキュリティに優れたクエストのデータセンターへ移行、運用もアウト...