インフラの最適化 業務にフィットするようITインフラの最適化を実現

ケース1ビジネスにフィットしたインフラ基盤を整備したい

ビジネスにフィットさせるインフラを構築するには、パフォーマンスや柔軟性に優れ、堅牢であることが大切です。これらがバランス良く揃っていなければ、ビジネスの変化への対応に追随していくことができず、陳腐化してしまいます。近年で利用が広がっているクラウドや仮想化技術などは、パフォーマンスや柔軟性を実現するための選択肢とも言えます。こうした技術を踏まえたインフラ構築やその先の運用には、卓越した開発力や運用保守体制がカギとなります。

ケース2ITILに準拠した運用を行いたい

国際標準のITIL V3は、運用の品質向上や効率化を進める上で注目されているガイドラインです。これを推進していくためには、ITIL V3に準拠した運用プロセスを構築する必要があります。ITIL V3の考え方に基づきITサービスマネジメントを実施していくには、すべてのプロセスをモデル化、ドキュメントをテンプレート化することと、プロセスの標準化やサービスの可視化を実現させ、属人性の排除などで品質を向上させていくことで運用プロセスの整備を進めていきます。

ケース3システムの運用を見える化したい

システムの運用には、ITサービスマネジメントに基づく品質向上や工数、コスト削減、短納期化への要望が高まっています。一方で、24時間365日の監視や障害対応などの運用をすべて自社でまかなうことは、人材面で難しいケースも増えてきています。

こうした課題には、ITIL適用や運用フレームワークを持つ信頼できるITサービスプロバイダーにアウトソースすることで、システム運用の見える化を推進することができます。これにより、運用の工数とコストを削減できるほか、可用性の向上、システム増強するタイミングなどのマネジメントを行うことができます。

ケース4社内の情報共有をスムーズにしたい

企業にとっての情報は、経営層から現場レベルの情報まで、多岐にわたって散在します。こうしたデータを戦略的に役立てたいという企業は少なくありません。この考え方に基づいて、情報共有のプラットフォームとしてグループウェアの有効活用に取り組んでいる企業が増えています。しかし、グループウェアの利用には、ITを使って情報共有しても、それらを戦略化するまでのプロセスやグループウェアの有効活用に課題を持つ企業も多くみられます。情報共有をスムーズに行い且つ、情報共有の実状を把握したうえで、どのように戦略的に活用できるのかをご提案しています。

資料請求・お問い合わせ