• トップページ
  • 次世代ファイアウォール パロアルトネットワークス PAシリーズ

次世代ファイアウォール
パロアルトネットワークス PAシリーズサイバー攻撃による情報漏えいリスクを最小化する次世代ファイアウォール

課題

  • 標的型攻撃などの多様化する脅威から情報資産を守りたい
  • セキュリティ機器の導入や運用コスト、負荷を削減したい

解決

  • トラフィックを可視化し、傾向を分析して脅威を検知して防御
  • 複数のセキュリティ機能を集約したUTM(統合脅威管理)で、導入・運用コストや負荷を最小化

パロアルトネットワークス PAシリーズ概要

標的型攻撃や内部不正による情報漏えい、未知のマルウェアなど、従来型のファイアウォールでは防ぎきれない脅威が増大しています。その対策として、IPSやアンチウイルスといった複数のセキュリティ機器を導入すると、コストも運用負荷も膨れあがってしまいます。また、自社のネットワーク上に流れる通信やアプリケーションの把握が困難なことも、対策をより難しくしています。

クエストではそのようなお客様の課題を解決するために、パロアルトネットワークス PAシリーズを提案しています。パロアルトネットワークス PAシリーズを導入することにより、自社ネットワーク上を流れる通信やアプリケーションを可視化し、トラフィックの傾向を分析して、マルウェアの侵入や活動を未然に防いだり、端末の振る舞いから感染を検知し、通信をブロックすることができます。

クエストは大手企業で長年培った技術力と経験を強みに、次世代ファイアーウォールの提案や導入、運用の支援をしています。セキュリティ専門部署によるセキュリティログの監視・分析などのサービスも併せて、多様化する脅威からお客様の情報資産を守ります。

パロアルトネットワークス PAシリーズの特長

  • すべてのアプリケーションを自動で識別し、ポリシーを柔軟に設定して制御可能
  • UTMとして使ってもパフォーマンス劣化がなく、既存トラフィックに影響を与えない
  • シグネチャに頼らず、端末の振る舞いから脅威を検知して防御(オプション)
  • セキュリティログの監視・分析サービス(SOCサービス)を提供(オプション)

資料請求・お問い合わせ

※Palo Alto Networksは、米国および日本におけるPalo Alto Networksの商標です。