マイナンバー収集と保管サービスマイナンバー社会保障・税番号制度の導入に向けた対応の強化

課題

  • 従業員からマイナンバーを収集するのに、個人情報なので企業リスクをできるだけ軽減させたい
  • 既存の経理・人事システムとは別に分散管理したい
  • 対応するためのシステム投資を極力抑えたい

解決

  • すべての企業のマイナンバー対応を「標準化」
  • マイナンバー対応の業務対応とリスク対応の両立が可能

マイナンバー収集と保管サービスの概要

2016年1月から、社会保障・税の一体改革としてマイナンバー制度が導入されます。そのため企業においても、「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン」に準じた業務対応を行う必要があります。

個人番号の取得、保管の際に起こりうるリスクを低減させるために、クエストでは、株式会社オービックビジネスコンサルタントが提供する「OMSS+マイナンバー収集・保管サービス」を提供しています。「リスク対応」、「業務対応」、「高度なセキュリティ」、「法令対応」、「基幹システム連携」の5つのサービスコンセプトのもと、法令対応だけでなく個人番号の取得・保管から利用・提供・廃棄までを実現することができます。これにより、企業のリスクマネジメント強化や業務生産性の向上などに貢献します。

マイナンバー収集と保管サービスの特長

  • 従業員や個人支払先の個人番号をさまざまな形で収集可能
  • セキュアで柔軟性の高いクラウドを利用して番号を保管・管理
  • 既存でご利用のさまざまな基幹業務システムと連携可能

資料請求・お問い合わせ

マイナンバー収集と保管サービスに関する資料ダウンロードはこちらから

資料請求はこちら

お問い合わせ