BASQUET基幹システムとExcelのシームレスなデータ連携でフロント業務を大幅に効率化

課題

  • 予算管理や案件(プロジェクト)管理をExcelと基幹システムで一元化したい
  • Excelと基幹システムのデータ入出力にかかる時間と手間を削減したい

解決

  • BASQUETによるExcelと基幹システムのデータ連携で一元化
  • Excelファイルのアップロード/ダウンロードのみで容易にデータ連携

BASQUETの概要

マイクロソフト社の表計算ソフト「Excel」は業種・業務を問わず、多くの企業でフロント業務に使われています。予算管理やプロジェクト管理では、Excelで管理し、必要に応じて、基幹システムへデータを改めて手入力して登録したり、集計/分析や報告書作成などの用途に必要なデータを出力したりする光景が散見されます。この状況では、多くの時間と手間を費やすとともに、データの食い違いが発生するリスクもつきまといます。

クエストの「BASQUET」(バスケット)は、ERPパッケージ「Microsoft Dynamics AX」で構築した基幹システムの予算/プロジェクト管理機能と、Excelとのシームレスなデータ連携を実現するソリューションです。実際に必要な操作はExcelファイルをBASQUETのWeb画面からアップロード/ダウンロードするだけで済み、手軽にデータを入出力できます。

このようにお客様はBASQUETによって、Excelと基幹システムで予算/プロジェクト管理を一元化できる上に、業務効率・精度を飛躍的に向上できます。

BASQUETの特長

  • Excelベースの管理データを基幹システムへシームレスに入出力可能
  • Web画面からアップロード/ダウンロードするだけの簡単操作
  • プロジェクト管理のプロセスに応じた多彩なテンプレートを提供
  • Microsoft Dynamics AXとマスタの一元化も可能

資料請求・お問い合わせ

※本文中に掲載の製品名、社名は各社の商標または登録商標です。

※本文中Excelの正式名称は、Microsoft®社のMicrosoft®?Excel®です。