金融 法改正への素早い対応、最高レベルの可用性などを実現

金融業界には多い法改正や制度改定。金融監督庁の要請に従って、システムを速やかに、かつ確実に対応させなければなりません。そして、可用性は非常に高いレベルで要求され、インシデント管理などをより厳格に行う必要があります。

同時に、標的型メールの被害や内部不正による情報漏えいが増えるなど、セキュリティも厳しく問われます。情報システム部門は、金融情報システムセンター(FISC)が刊行する「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書」などのガイドラインに沿って、必要な対策を継続的に実施しなければなりません。

また、基幹業務にはメインフレームが多く利用されており、ハードウェアからCOBOLアプリケーションまで、的確な運用保守がこれからも求められます。しかし、メインフレームの運用保守を長年背負ってきたベテランエンジニアの知識とノウハウは体系化されていないケースが多く、後継者問題が深刻化しています。

アプローチ

金融機関は金融監督庁の最新事情をキャッチアップしながら、確実にシステム対応できる体制を整備し、開発・運用保守を行っていく必要があります。

クエストは金融業界で50年にわたる実績を強みに、お客様に包括的なソリューションをご提供します。メインフレームのハードウェア、COBOLアプリケーション、帳票、さらには情報系のオープンシステムについて、法改正・制度改定に素早く対応し、高い可用性とセキュリティを実現する運用保守をはじめ、各種ソリューションやサービスを取り揃えています。

また、知識とノウハウが体系化されていない問題に関しても、クエスト独自のIT運用フレームワーク「QSM(Quest System management Model)」を活用。蓄積された知見を見える化して属人性を解消することにより確実な引継ぎを実現します。

関連するクエストソリューション

導入事例

資料請求・お問い合わせ