• トップページ
  • 電気機器メーカー(リモート監視・運用サービス)

電気機器メーカー
(リモート監視・運用サービス)定型業務や監視を「リモート監視・運用サービス」に
アウトソーシングによって本来の業務に集中

電気機器メーカー様では人員に限りがあったため、メールアーカイブなど日々の定型業務や監視に負荷がかかっていました。そこで、それらの業務をクエストのリモート運用/監視サービスにアウトソーシングして運用体制を刷新。定型業務や監視から解放された結果、情報システム部門はシステム改善などのコア業務により集中可能となりました。さらに24時間365日の監視によって可用性が向上したなど、さまざまなメリットを得ています。

課題と経緯

電気機器メーカーの情報システム部様は、日々の定型業務として、Webサーバやプロキシの運用、メールのアーカイブ、メーリングリスト管理などを実施しています。同時に、システム全体の監視も行っています。

しかし、人員には限りがあったため、十分なサービスレベルを確保できず、しかも、システム改善や戦略的な企画といった本来の業務にあまり注力できない状況が続いていました。監視についても障害時の対応が後手にまわりがちなどの問題を抱えていました。

導入

同社はシステムの老朽化に伴うリプレースを契機に、アウトソーシングの効果的な活用よる運用体制の見直しを図りました。そのために導入したのが、クエストのリモート監視・運用サービスです。充実したサービスメニューやリーズナブルなコストなど、トータルに評価してクエストに採用を決めました。

システムのリプレースもクエストの提案を採用し、運用を含めたワンストップの対応で支援することが出来たため短期間で稼働することができました。

効果と展望

リモート監視・運用サービスの導入によって、同社のリモート監視・運用サービスの多くは、クエストがリモートで担う体制に刷新できました。定型業務を委託できたため、業務負荷が大幅に減少し、システム改善をはじめとする本来の業務により集中できるようになりました。

監視も24時間365日でクエストが行うようになったため、障害に対してプロアクティブな対応できるようになりました。また、サーバ設定変更にも柔軟かつ迅速に対応してくれるので、ビジネスの変化に素早く対応可能になったと言います。

システム自体も、リプレースによるパフォーマンス向上なども達成しています。今後はBCPや認証基盤統一などの改善にも取り込み、システムのさらなる最適化を進めていきます。

関連するクエストソリューション

資料請求・お問い合わせ