物流(RFID) 国際海上コンテナ輸送の異業種混載でRFIDを活用
貨物の動静を見える化

物流会社様は国際海上コンテナ輸送で、異業種混載という先進的な試みに取り組んでいます。貨物の動静把握や検品作業の効率化などのために、国際標準準拠のRFIDを導入しました。RFIDのデータ管理システム構築はクエストが担当。貨物の動静をリアルタイムで見える化し、積載率向上によるコスト削減やサービス向上などに大きな役割を果たしています。

課題と経緯

物流業界では長年、貨物をより迅速で確実、かつ低コストで送り届けるための改善を続けています。中でもコスト削減に有効な方策の1つがコンテナの積載率向上です。

物流会社様は国際海上コンテナ輸送において、小口貨物の異業種混載に取り組みました。機械部品やアパレル、日用雑貨といった異業種の荷主がコンテナのスペースをシェアすることで、積載率を向上してコストを削減します。

異業種の小口貨物が多数混載される状況で、どの貨物が現在どこにあり、いつまでにどこへ届くのかなど、より高い精度や効率での作業や貨物動静の把握が求められます。同社はその実現手段として、国際標準準拠のRFIDを採用しました。貨物に付与されたRFIDのタグを読み取ったデータを集約し、貨物動静の見える化を狙います。

導入

複数ベンダー協業体制のプロジェクトとして進める中、RFIDのデータ管理システムの構築はクエストが選ばれました。クエストは物流系システムの構築・運用実績が豊富であり、さらには関連業務にも明るい点を同社は高く評価しました。併せて、蓄積されたデータを分析するDHW構築もクエストが支援しています。

効果と展望

RFIDのタグとリーダー/ライター、データ管理システムの導入によって、異業種混載かつ国際間の複雑な海上コンテナ輸送でも、貨物の動静をリアルタイムで見える化できるようになり、業務の効率化と精度の高度化を実現しました。積載率向上によるコスト削減はもちろん、例えば貨物の遅延情報をタイムリーに荷主へ提供できるなど、サービス向上にもつながります。さらにDWHによる分析結果を今後の改善に活かせる体制も整備できました。

また、現場作業についても、RFIDの導入によって、発着地での検品などを大幅に効率化しています。今後はSCMとの連携、標準化による横展開などを進めていく予定です。

関連するクエストソリューション

資料請求・お問い合わせ