社長からのメッセージ

皆さんの成長の後押しをする環境が整っています。代表取締役社長 清澤 一郎

クエストは、お客様の事業の開始から成長、拡大、構造改革などそれぞれの局面において最適なITサービスを提供することで、お客様とともに成長してきました

当社は、1965年の創業以来50年以上にも渡り、日本を代表するエレクトロニクス、金融業ならびに通信、エンタテイメント、公共(エネルギー、鉄道)、自動車等の業界の企業様からご愛顧いただいています。その理由は、システムを提供して仕事が終わるITベンダーが多い中で、当社はシステム構築だけでなく導入後も、長年に渡って運用・保守のサービスを提供し続けることで、お客様の信頼を獲得してきたからだと思います。
お客様は、システムの導入後に利用を開始しますが、真に使い易いシステムか、否かがわかるのは、実際に運用をはじめた後になります。すべてが完璧なシステムであれば、改善の必要がありませんが、多くの場合はいくつかの使いにくい箇所が存在し、運用後に改善を加えていくことでより使いやすいシステムとなっていきます。
また、企業は止まったままではありません。お客様の環境はシステム構築時からどんどん変化していきます。たとえば、事業拡大や市場動向の変化など、急激な環境変化にシステムを迅速に追随させる必要があります。あるいは、お客様のバリューチェーンが進化し、システムの再構築が必要になることもあり、そうした際には、進化し続けるIT技術の中から、最適なものを選択し、システムを刷新する必要があります。
このように、クエストは、お客様の事業の開始から成長、拡大、構造改革などそれぞれの局面において、最適なITサービスを提供することで、お客様とともに成長してきました。
それこそが、お客様からの信頼を長きに渡って維持することができた所以ではないかと私は考えています。

経営理念にある“技術を探究し”、
“価値を創造し”、“お客様と共に成長する”の
3つを重視し、実行しています

【技術の探究】

IT業界はつねに技術が進化しています。私たちITに関わるものは、その時代が求める技術を探究することがとても重要だと思います。たとえば、最近では「デジタルトランスフォーメーション(DX)」という言葉を聞くことがあると思いますが、世の中がますますデジタル化され、モバイルやIoT技術が普及して、世界中の人と機器がインターネットで有機的に繋がり、データで可視化されるようになります。それらの膨大なデータを経験として学習し、知能で分析することにより、より便利な社会が創られていきます。そして、それを支える技術として、SMACS(Social Service, Mobile, Big Data Analytics, Cloud, Security) , IoT, AIが注目されており、私たちは今、それらを探究しています。

【価値の創造】

進化していくさまざまな技術や製品を客観的に評価し、お客様にとって最適な技術やシステムをより最適な形で構築し、お客様の業務改善やビジネスモデルの実現に真に貢献していく、これこそが独立系IT企業ならでは強みだと考えています。
これまでの日本のIT業界は、ゼロからシステムを構築するオーダーメイド型が主流でしたが、今後は、欧米的なカスタムメイドのクラウドサービス型が増えていくと見ています。しかし、そのような動向の中でも、目が肥えた日本企業のお客様は、競争優位に直結するシステムに限定してオーダーメイドに拘り、通常のバックオフィスシステムはカスタムメイドのクラウドサービス型に移行するでしょう。
また、デジタルトランスフォーメーションの潮流を受け、お客様のIT投資の目的も、業務効率の改善だけでなく、商品・サービス力強化、顧客との関係強化や業績向上に大きくシフトしています。クエストは、このようなお客様の変化に適応し、より高い価値のあるサービスでお応えしていきます。

【お客様とともに成長する】

クエストのお客様の中には、非常に高い技術と品質を求める企業様が多く存在しています。このようにお客様に満足していただけるITサービスの創造を続けることで、当社も成長してきました。技術者個人も成長し、お客様の事業も成長し、その結果、社会に貢献できることは、かけがえのない誇りだと思っています。

お客様にだけでなく、部下にも、
協力会社の方にも、
すべての人に対して、
誠実さを貫くことを大切にしています

【クエスト(探究・追求)する】

社名が語るように、クエスト(探究・追求)することを大切にしています。ITのプロフェショナルとは、より良いシステムを作るため、目標に向かって技術を探究し、チャレンジし、我を忘れて集中し、その時の自分の限界を超えたスーパーエンジニアになり、その実力がチームに波及し、プロジェクトを成功に導ける人だと思います。当社の社員は、個人個人がそんなITプロフェショナルとして成長していきます。

【誠実・堅実】

当社の社員はとてもいい顔をしています。それは、経営方針でもある「誠実・堅実」であり続けることを尊しとしているからです。この「誠実・堅実」とは、お客様に対して、というだけではありません。すべてのステークホルダー、つまり、顧客、社員、協力会社、社会、株主のすべてに対して、「誠実・堅実」であるということです。また、社員の中でも、上司に対しては忠実、誠実だが、部下との約束を守れない、というのもいけません。顧客にも、部下にも、上司にも、協力会社の方にも、すべての人に対して、誠実さを貫かなければなりません。これは言うほど簡単なことではありませんが、当社の社員はこれを目指しています。
また、社会と株主様に対しても誠実であるためには、財務的にも、コンプライアンス的にも健全経営でなくてはなりません。クエストは、創業以来赤字決算はなく、無借金経営を続け、2002年にはJASDAQ市場(元東証JASDAQスタンダード)へ上場し、その後も、着実堅実な成長を続けています。

第4次産業革命といわれるエキサイティングな時代。
クエストには、皆さんの成長の後押しをする環境が整っています

当社では、新人時代だけでなく、生涯を通じて、自分が目指したいITプロフェショナルになるためのキャリアプラン支援プログラムを用意しています。最初はプログラミングから始めますが、システムエンジニアになり、その後、それぞれの個性をいかして、①プロジェクトマネジメント、②コンサルタント、③アーキテクト、④ITスペシャリスト、⑤顧客サービスパートナー、⑥事業の起業家を目指すコースを選択できます。技術者が希望するキャリアプランに応じて、研修や実践の場を提供しますので、その道で必要なスキルや能力を確実に習得できます。
第4次産業革命ともいわれている現代は、ITを志す技術者にとって成長できるチャンスが豊富にある、非常にエキサイティングな時代です。当社には、皆さんの成長の後押しをする環境が整っており、学生時代からITを勉強してきた方にはさらなるレベルアップ教育を、IT未経験の方には基礎からの教育、研修を提供しています。
そして、クエストはこれからもまだまだ成長する企業です。ぜひ、私たちとともに、クエスト(探究、追求)し、成長しながら、お客様に貢献し、さらにその先にある未来の社会に貢献していきましょう。